ドイツ強制収容 同性愛者

ドイツ強制収容 同性愛者

ドイツ強制収容 同性愛者



本項では、ナチス・ドイツとホロコーストによる同性愛者迫害について述べる。ドイツのナチス党とアドルフ・ヒトラーの誕生に伴い、ゲイの男性やレズビアンは、ナチスが標的とする数多くのグループのうちの2つとなり、最終的にはホロコーストの犠牲者となった。1933年にゲイ組織が禁止され、同性愛に関する学術書(ユダヤ人ゲイの権利運動家マグヌス・ヒルシュフェルトが発行するInstitut für Sexualwissenschaft(英語版)など)が焚書され、ナチス党内の同性愛者が殺害された。ゲシュタポ

ナチスは1933年1月に権力を握るとすぐに、一部の同性愛者を強制収容所に収容しました。 収容された人々はドイツ社会のあらゆる分野に属していた人々で、収容の理由以外に共通点はほとんどありません …

戦後、強制収容所に投獄された同性愛者の救済はほとんどの国で認められず、ナチス時代の証拠に基づいて再逮捕され投獄された者もいた。ドイツ政府は2002年までゲイ・コミュニティに謝罪せず、1980年代までこのエピソードを認めなかった 。

5,000〜1万5,000人の同性愛者が、そのほとんどはドイツ人かオーストリア人でしたが、強制収容所に収容されました。そこでは、同性愛者であることを示すピンクの三角形の飾り布を衣類に付けなければなりませんでした。

「第5章 同性愛の世界」のp.238に「同性愛者は収容所内でピンクのトライアングルを付けられ、その数はおよそ五,〇〇〇人とも一万人ともいう。また一万五,〇〇〇人だという説もある。そのうち女性のケースはほんのわずかだった。」とあります。

12月31日(火)。ミュンヘン郊外のダッハウ強制収容所(Dachau concentration camp)を友人と訪問。1933年設立。ユダヤ人、欧州諸国の政治犯、同性愛者等がナチスにより収監された場所。1945年の米軍進駐により解放。日本人の我々にとって収容所と言えば「アンネフランクの日記」に登場するアウシ ...

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、独: Konzentrationslager コンツェントラツィオンス・ラーガー、一般にKZ(カーツェット)と略、管理者である親衛隊 (SS) は公式にKL(カーエル)と略 )は、ナチス党政権下のドイツがユダヤ人、反ナチ分子、反独分子、エホバの証人、政治的カトリック、同性愛者、ソ連捕虜、常習的犯罪者、「反社会分子」(浮浪者、ロマ、労働忌避者など)といった者たちを収容するために、ドイツ本国および併合・占領したヨーロッパの各地に設置した強制収容所である。

収容所内の「ベッド」 館内展示の拷問台 子どもの収容者 子どもでも容赦せず収監した ユダヤ人たちを検挙し裸にして丸坊主にするシーン 生存者が後に描いた絵 ヨーロッパの強制収容所地図 ドイツ(濃紺)の中央部に当収容所がある (展示パネル)

 · ナチズムにより迫害された同性愛者の追悼碑 Homosexuellen-Denkmal Tiergarten Ebertstraße, 10117 Berlin www.stiftung-denkmal.de. 尊厳を奪われた女性たちの声. ブランデンブルク州のラーヴェンスブリュックに、ナチス・ドイツ領土内最大の女性強制収容所があった。

ドイツ強制収容 同性愛者 ⭐ LINK ✅ ドイツ強制収容 同性愛者

Read more about ドイツ強制収容 同性愛者.

3
4
5

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu